岡山市のゴミ分別

岡山県の中心地岡山市のゴミ分別は、可燃ごみと資源ごみ、粗大ごみに分かれます。

主な可燃ごみは料理ででた生ごみや貝殻、クッションやぬいぐるみです。

他にもサンダルやホースなどのゴム類や発砲スチロールや卵パック、ポリ容器があります。

お庭の剪定作業で出た剪定枝は長さ60㎝以下直径12㎝以下に切れば可燃ごみとして出す事が出来ます。

なお岡山市では生ごみをコンポストなどを使用するなど呼びかけています。

資源化物は白色、色付をはじめとする各種発砲トレイと直径管や球形などの蛍光管、飲料やスプレー缶などの空き缶です。

このほか古紙やペットボトルマークの付いたペットボトル、廃乾電池もあります。

衣類や布団カバーなどの古布や使い捨てガラス瓶、天ぷらなど揚げ物をしたときの排油も資源化物として出す事が出来ます。

タイヤやピアノ、モーターバイクなどの粗大ごみは原則としてごみ処理施設での処分となります。

ゴミ収集日は地区ごとに違いますがどの地区も週2回になっています。